ブログ

趣味

ボルダリングに行ってきました

さて、お堅い記事ばかりではあれなので、今回は僕の趣味について少し―

本当は登山に行きたかったのですがなかなか都合がつかず、仕事の合間に2時間ほどボルダリングを楽しんできました。
結構、久々だったのですが、やはり楽しいですねボルダリングは。

ただし、ちょっと僕のセンスが―

なかなか上達しないのが悲しいところです。


・ボルダリングはオリンピックの正式種目です

43951664_281109505945525_2797629069686996992_n.jpg

東京オリンピックの正式競技種目にスポーツクライミングが選ばれました。

ニュースなどでもよく取り上げられていますし、このところ日本人選手の世界での活躍も目覚ましいものがありますので、既に注目されている方も多いのではないでしょうか?


ちなみに、自然の岩場を登ってるのが「フリークライミング」です。

簡単に言うと、そのフリークライミングに競技性やスポーツ性を加えたものが「スポーツクライミング」であり、その中でも特に人気があるのが「ボルダリング」というわけです。


また、ボルダリング日本代表(そう呼称するのかどうか分かりませんが―)はかなり成績が良く、オリンピックのメダルが確実視されているそうです。

今からオリンピックでの活躍が楽しみですね。


・気軽に行えるのが最大の魅力

43880557_1918774314871105_8315511805560487936_n.jpg

ボルダリングの魅力はなんと言っても気軽にできるところです。


今回は秋葉原にある「
B-PUMP TOKYO 秋葉原」というボルダリングジムに行ってきました。

他のボルダリングジムも概ねそうですが、専用シューズやチョーク(滑り止めの粉)等はすべてレンタル可能です。


動きやすい(足を上げやすい)服を持っていくだけでいいんです。


ルールもそんなに難しくはありません。
どちらかと言うと、マナーの方が大事ですね。

EX.他の人が登っている間は、危ないので近くで登らない等々

それらもジムの方がしっかり教えてくれるので、事前の予習もいらないですよ。


仕事帰りや、仕事の合間に楽しめる素晴らしいスポーツです。


女性や子供も、もちろん楽しめます!
むしろ体重が軽い方が有利なので、かなりうまい人も多いぐらい―

今日も目の前で細身の女性が難関をいとも簡単にクリアーしていました。


あと、ボルダリングダイエットにもいいらしのですが、それについては今のところ僕自身に結果が出ていないのでなんとも―


その他、注意事項としましては、"筋肉痛"です。
これはほんと要注意です―


調子にのってやり過ぎると、次の日にペンを持つのも辛いぐらいに―

もちろん個人差はありますが、運動不足の方はある程度覚悟しておいた方がいいかもしれません。


まだボルダリングをやった経験がないという方は、是非、チャレンジしてみてください。

関連記事