取扱業務

相続の手続

相続の費用・報酬

1.相続登記(相続による所有権移転登記)

司法書士報酬 54,000円~

※相続登記は、対象となる不動産の個数などもそうですが、相続人の数や死亡の順序に等によって行う手続が大きく異なってくることがあります。そのため、曖昧な報酬規程となってしまっており誠に申し訳ありません。電話やメールでの簡単な聞き取りの後、無料で大まかな見積を作成することは可能ですので、お気軽に問い合わせてみてください。尚、いずれにしても関係書類収集後、登記申請前に必ず正式な費用の見積書を提出させていただきます。仮にその時点でご不満があれば、実費のみ精算いただいて業務を終了することも可能です。参考までにシンプルな相続登記(ex.父が死亡し、相続人は母と子のみ)であれば報酬は6万円~7万円におさまることが多いと言えます。

また、実際には上記の他に実費がかかります(これはご自分で手続を行った際にも同様です。)。具体的には、登録免許税(固定資産評価額の0.4%)がメインとなり、その他、戸籍収集の取得費や送料等の実費などです。尚、登録免許税の計算には不動産の固定資産評価額がわかるもの(固定資産評価証明書または固定資産税の納税通知書)が必要ですので、詳細な金額をお知りになりたい場合は、当該書面をご用意いただくか、当方にて取得させていただきます。

2.預貯金の相続手続

司法書士報酬 1社あたり21,600円

  銀行、信用金庫などの預貯金の解約(名義変更)手続きとなります。例えば金融機関2社であれば計43,200円となるイメージです。尚、対象となる金融機関が遠方の場合は交通費実費、また半日以上の移動(出張)を要す場合は、交通費等に加え日当(1回につき5,400円)をいただいております。その他、預貯金だけではなく証券会社の手続につきましても、同様の条件でお受け致しております。相続人の方だけではなく遺言執行者様からのご依頼もお待ちしております。

3.相続放棄

3-1.子が親の相続を放棄するパターン(典型的な相続の形です。)

司法書士報酬 32,400円

相続放棄を行う相続人を追加する場合は、追加分につき一人あたり10,800円で対応させていただきます。

Ex.相続放棄する相続人が2名であれば、『32,400円+10,800円=43,200円』となるイメージです。尚、手続に必要となる戸籍等の収集も当方にて対応致します。その場合、プラスされるのは戸籍等の取得費及び送料のみです。また、実際はこの他に家庭裁判所に納める収入印紙(800円)や返信用切手等の実費がかかってきます。

3-2.兄弟姉妹の相続を放棄するパターン(亡くなれた方に子供がいない場合です。)

司法書士報酬 54,000円

相続放棄を行う相続人を追加する場合は、追加分につき一人あたり10,800円で対応致します。基本的なところは3-1と同様なのですが、取得する戸籍等の量がかなり多くなってきます。そのため、取得実費が増え、家庭裁判所へ申立するまでの期間も長くなります。

3-3.死亡後3カ月を経過してしまっているパターン

司法書士報酬 54,000円

相続放棄を行う相続人を追加する場合は、追加分につき一人あたり10,800円で対応致します。その他、必要となる実費等につきましては3-1と同様です。

4.相続放棄の期間伸長手続

司法書士報酬 32,400円

相続放棄の期間伸長手続を行う相続人を追加する場合は、追加分につき一人あたり10,800円で対応致します。

Ex.相続放棄期間を伸長する相続人が2名であれば、『32,400円+10,800円=43,200円』となるイメージです。その他、家庭裁判所に収める収入印紙(800円)、郵送料等の実費がかかります

5.限定承認

司法書士報酬 324,000円

相続人一人追加あたり10,800円で対応致します。その他、収入印紙や公告費等の実費がかかります。当該業務の詳細につきましては別途お問合せ下さい。

6.遺言書の検認手続

司法書士報酬 43,200円

手続に必要となる戸籍謄本等の収集もお手伝い致します。その他、家庭裁判所に収める印紙(800円)や郵送費、取得させていただく戸籍謄本等の実費がかかります。

7.不在者財産管理人選任手続

司法書士報酬 108,000円

  その他、家庭裁判所に収める印紙、切手や郵送費に加え、予納金等の実費がかかります。尚、予納金につきましては、案件に応じて管轄となる家庭裁判所が決定するため、具体的な金額をここで提示することが困難となります。その他の詳細につきましては、個別にお問い合わせ下さい。

8.相続財産管理人選任手続

司法書士報酬 108,000円

  その他、家庭裁判所に収める印紙、切手や郵送費に加え、予納金等の実費がかかります。尚、予納金につきましては、案件に応じて管轄となる家庭裁判所が決定するため、具体的な金額をここで提示することが困難となります。その他の詳細につきましては、個別にお問い合わせ下さい。

9.特別代理人の選任手続

司法書士報酬 32,400円

他の相続人にも選任が必要な場合は、1件追加あたり10,800円で対応致します。その他、家庭裁判所に収める印紙(800円)や郵送費等の実費がかかります。