ブログ

その他

川口市の隠れた名所? ~SKIPシティ~


いつもお読みいただきありがとうございます。



さて、今回は川口市を代表するビジネスセンターのご紹介を中心にお送りさせていただきます。
川口市民の方ならもちろんのこと、おそらく近隣都市の戸田市や蕨市の方もその存在を認知していることでしょう―



"SKIPシティ"



正直、私自身、近くを通ることは多いですが、実際に足を運んだことは1~2回のみであり、それも企業の展示会に軽く参加しただけでした。
何らその魅力を体感できていたわけではなかったのです。

新型コロナウイルスが沈静化した暁には、その魅力を改めて満喫してこようと思っています。





1.SKIPシティとは

ダウンロード.jpg

SKIPシティは、どうやら埼玉県が中心に推進している一大プロジェクトだそうで、県とNHKの協力事業なんだそうです。


たしかにSKIPシティの中には、NHKアーカイブ・過去のNHKで放送されたものが視聴できたり、以前はあの有名な"おかあさんといっしょ"のショップがあったそうです。
小さなお子さんがいる家庭には楽しい場所ですよね。

オープンはなんと2003年2月だそうで、17周年を迎えているそう―
わりと綺麗目な施設なのでちょっとびっくりです。


これも驚きなのですが、その広さは15ヘクタールにものぼるそうです(今のところ整備されているのは5ヘクタールだそうですが)。
尚、その名称は、 Saitama Kawaguchi Intelligent Park の頭文字から取られているそうで、元々映像制作を目的とした施設とのこと。


この辺では有名な施設なんですが、意外と知らないことが多いなという感想です。




1-1.子供も大人も楽しめる施設

そんなSKIPシティですが、科学館等色々な施設が存在します。

そこでは、さながら"でんじろう先生"のような科学体験ができたり、映像ミュージアムでは映画製作の体験、季節ごとのプラネタリウムは一般でも
410円とお財布にも優しいです。
雨の日などにはもってこいの施設なんです。



ただ、一つ問題があって...
駅から遠い




西川口駅東口からバスが出ていますが、歩くのは少し厳しい距離です。
これが川口市役所の新庁舎の候補地に名乗りを挙げつつ選ばれなかった理由なのかな?と思ったりします。
ただ、駐車場は完備されていますので、子供と暇だなぁ~って日にはちょっと思い出しみてはどうでしょうか。


きっと半日は過ごせると思いますよ。

このSKIPシティ、地元民には他にも嬉しい事があります。
たまにドラマや映画の撮影などで使われているんです。

ある日突然、大がかりなセットが組まれ街のようになっていたり、運が良いとドラマ等の撮影を見る事もできたりします。



「SKIPシティHP」
https://skip-city.com/




2.荒川ふれあいまつり

3088217_s.jpg


イベント繋がりということで、毎年、10万人近い来場がある、川口市屈指のイベントをご紹介します。
その名も、"荒川ふれあいまつり"


コスモス祭りとも呼んでいて、コスモスの咲く頃(秋頃)にあわせて開催されます。
その会場は普段はプレイヤー以外入れない浮間ゴルフ場です。


川口駅から
15分ほど歩くと荒川の土手に出ます。
河の向こうは赤羽、天気が良ければスカイツリー、東京都心の高層ビル、富士山が見えることもあり、草野球ならぬ草サッカー場もありとても気持ちの良い場所です。


コスモス摘みや子供向けのイベントも数多く、ミニ
SLパターゴルフ、フリーマーケット、高校生のダンス部など色々なステージも開催されています。
もちろん皆さんの期待を裏切る事なく、沢山のグルメ屋台、サッポロビール工場直売のビールなどお店も沢山出ています。


現在はなくなってしまいましたが、川口にはかつてビール工場がありました。


川口の色々なイベントにはサッポロビールがいつも直売をしてくれます。
そして芝生の上で食べて飲んで寝ころべば電線のない青空、これは最高に気分爽快です。


きっと今年の荒川ふれあいまつりの開催時期迄には、新型コロナも収束しているはずです。
いや、むしろそれを切に願っております。


今年もまたあの楽しい河川敷が戻ってきますように―


それでは今回はこの辺で。

write by 堀江裕子