ブログ

会社・法人登記

株式会社の設立は司法書士に頼んだ方がお得です

株式会社をつくる最も大きなメリットは社会的な信用度の高さでしょう。その他、節税の選択肢も個人事業者に比べると格段に広くなります。

  • 今後の売上げや利益計画に確実な見込みがある場合
  • 取引先との関係で法人化する必要がある場合

株式会社を設立するにはいい時期かもしません。本格的に検討してみてはいかがでしょう?

株式会社の設立は司法書士に頼んだ方がお得です

何でも自分でやるんだという精神は素晴らしいです。
節約できるばかりか経験を積むことだってできますから。

これから社長としてやっていく方なのですから、時間と手間さえかければ株式会社の設立だって一人でできてしまうでしょう。

ただし、それらを加味しても全くおすすめしません。
少なくとも会社の設立に関しては自分でやるべきではないのです。

なぜならば何ら節約にならないからです。

司法書士に頼んでも、ご自身で手続をされても、かかる金額は同じです。

詐欺みたいになってきましたが、そんなことはありません。

以下、株式会社の設立にかかる実費です。具体的には公証役場での定款認証費用と法務局に納める登録免許税になります。

項目 ご自分で手続きする場合 司法書士に依頼する場合
定款認証費用 約9万円 約5万円
登録免許税 15万円 15万円
合計 約24万円 約20万円

むしろ実費だけなら司法書士に頼んだ方が約4万円安くなるという結果です。そして司法書士九九法務事務所ではその4万円を司法書士報酬としていただいておりますので、前述した「司法書士に頼んでもご自身で手続をされてもかかる金額は同じ」ということになるのです。

当然、これにはからくりがあります。

定款の電子認証という手続にそれが隠されています。本来、会社の定款には4万円の収入印紙を貼る必要があります。ただし、定款を電子化することによってその印紙を省略することが可能となるのです。使わない手はありませんよね実際。尚、この手続を個人等が行うことはできません。我々のような登録された専門家のみが取り得る手続なわけです。

以上が会社の設立手続を司法書士に頼んだ方がお得な理由です。

煩わしい設立手続は専門家である司法書士にお任せいただき、余った時間を起業の準備に充てていただければ幸いです。