よくあるご質問

相続
Q

相続が発生した場合は誰に相談すべきなのでしょうか?

A

相続を取り扱う専門家は数多く存在します。
士業だけではなく、企業もあるので依頼者側の選別は大変でしょうね...


基本的には、相続の内容で判断すべきと言えます。


例えば―

  • 相続税の申告や準確定申告手続 ⇒ 税理士
  • 相続トラブルに発展している(もしくはしそうな)相続手続 ⇒ 弁護士
  • 預金口座や有価証券の相続手続 ⇒ 司法書士・行政書士
  • 相続に基づく不動産の名義変更 ⇒ 司法書士


ざっくり言うと、このような理解で大きな相違はないかと思います。
ただし、だからと言って、相続手続全般を税理士に相談したり、トラブルのない相続を弁護士に相談すべきではないとの結論にはなりません。
あくまで職種で選別すると、そうなるというだけです。


そもそも、トラブルがなくても相続税が絡む案件もあれば、トラブルがあり、かつ、不動産が絡む相続もあるでしょう。
ようするに複数の士業が協力すべき案件も多いわけです。



では、結局誰に相談すべきなのか?


私的には、信頼している、懇意にしている相続の専門家であればどの業態でもいいと思います。
なぜなら、そこで対応できない内容だったとしても、そこから適した士業を紹介してくれるはずですから。

事実、司法書士九九法務事務所でも、税理士や弁護士、行政書士を介した相続手続のご依頼をいただくことが多くあります。
また、それと同様に僕から依頼者に税理士や弁護士を紹介することもあるわけです。


では、知り合いに専門家がいない方は?


知人、友人から紹介してもらうのもいいでしょうし、もしくは、話しやすそうな、相談しやそうな専門家にご依頼するのはどうでしょう?
当事務所は、いつでも無料相談を行っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

回答者

尾形壮一